日本動物高度医療センターは、犬・猫の高度先進医療を専門で行っている動物病院です。

献血のお願い

 二次診療施設である当センターには、輸血が必要となる重症な動物たちが数多く来院します。
しかし、日本では、動物医療における広域で利用可能な献血システム(血液バンク)は確立されておらず、血液を安定確保することができません。

当センターでは、現在までスタッフの家庭飼育動物からの献血は勿論のこと、さまざまな施設にご理解いただきました上で協力をいただいてまいりました。しかしながら、最近の輸血を必要とする動物数の増加により充分な血液を確保できない状況が続いています。

今後、血液を安定的に確保し、一頭でも多くの動物を助けることができるようにするための、献血プログラムの趣旨をご理解のうえ、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

日本動物高度医療センター
診療本部長 平尾 秀博

(1)献血していただく動物(ドナー)の条件

年齢:1歳以上8歳未満
体重:15kg以上
・狂犬病予防接種、混合ワクチン接種およびフィラリア予防が毎年されている健康な犬
・麻酔をかけずに採血が可能な温厚な性格

※以下の項目に該当する動物はご登録いただけません。
・過去に「輸血を受けた」ことがある
・妊娠・出産したことがある
・全身性の重度の感染性皮膚疾患がある
・過去に血液媒介性の感染症に罹患した(疑いがある。バベシア症、犬ブルセラ症など)
・秋田犬およびその交雑種

年齢:1歳以上8歳未満
体重:4kg以上
・混合ワクチン接種が毎年されている健康な猫
・麻酔をかけずに採血が可能な温厚な性格

※以下の項目に該当する動物はご登録いただけません。
・過去に「輸血を受けた」ことがある
・妊娠・出産したことがある
・全身性の重度の感染性皮膚疾患がある
・過去に血液媒介性の感染症に罹患した(猫免疫不全ウイルス(FIV)、猫白血病ウイルス(FeLV)、ヘモプラズマ(ヘモバルトネラ)など)

(2)献血の流れ

お申込み・来院予約

大切な血液を有効に使用させていただくため、予約制となっております。
下記フォームに必要事項をご記入のうえ、献血を希望する病院へFAXをお送りください。また、電話でも予約を承っております。
お申し込み後、予約確定の連絡を当センターより差し上げます。

かかりつけ病院をお持ちの場合には、事前に献血する旨をお伝えください。

川崎本院

FAX:044-850-8123
TEL: 044-850-1280
川崎本院 献血予約フォーム(PDF:152KB)

東京病院

FAX:03-5686-3500
TEL: 03-5851-0300
東京病院 献血予約フォーム(PDF:151KB)

名古屋病院

FAX:052-800-1213
TEL: 052-933-9901
名古屋病院 献血予約フォーム(PDF:152KB)

来院

受付、問診票にご記入いただき、診療カルテを作成いたします。

健康診断 (問診・身体検査・血液検査)

獣医師による身体検査・問診を行います。
身体検査上問題がなければ、血液検査のための採血を行います(約4cc)
※採血後は血液検査の結果がでるまで30-40分程度お待ちいただきます。

献血のための採血

血液検査で問題がなければ、採血を行います。
採血は首の太い血管から行います。採血量は体重によって決定します。(ネコ;40-50ml、イヌ;200-400ml)採血時間は15-30分程度です。
※衛生管理のため、採血場所の毛刈りをお願いさせていただく場合があります。

ご帰宅

動物の一般状態や採血部位に問題がないことを確認してからお帰りいただきます。
翌日、健康状態確認のために当センターからご連絡いたします。

(3)献血の安全性について

採血に使用する器材は全て滅菌された新品を1回ずつ使用します。
採血により病気が感染することはありません。

(4)当日お越しになる際の注意

当日の食事は、予約時間の4時間前までにお済ませください。
(例:昼12時献血予定の場合は、朝8時以降は食べられません)
お問い合わせは、申込みいただいた病院へお願いいたします。

(5)ドナー登録のお願い

安定的な血液確保にむけて定期採血を行うドナー登録をお願いしております。
献血・登録頂いた際には、感謝の気持ちとして粗品を贈呈いたします。
また、献血毎に血液検査を実施いたしますので、健康チェックにお役立てください。
定期採血は、半年に1回を目安に当センターよりご案内いたします。

登録解除をご希望の場合は、ご登録いただいた病院へご連絡をお願いいたします。

このページのトップへ