日本動物高度医療センターのご案内 皆様の家族の大切な命をあきらめないでください。

JARMeCについて

大切な命をあきらめないでください・・・

ペットは大切な家族の一員です。毎日、元気で健やかであってほしい…。
誰もが願っている想いは私たちJARMeCも同じです。ところがペットを取り巻く環境は人間と同様に多くの問題をかかえています。けがや病気、長寿化に伴う生活習慣病など様々な病気の中には、時として皆様が日頃お世話になっている動物病院での対応が難しい場合も少なくありません。

JARMeCはあなたの大切な家族にもしものことがあった時に、最先端の医療設備と高い技術の治療を提供する為に設立されました。日々最前線の医療現場で磨かれた獣医師スタッフが全力で対応します。皆様の家族の大切な命をあきらめないでください。

当院の理念

当院の理念
臨床や教育現場で活躍する人材育成 動物医療技術の向上を担う臨床研究 教育、臨床研究の実践の場として高度医療(二次診療)

チーム医療体制について

日本動物高度医療センターでは、より良い二次診療を提供するために、専門診療科毎にチームをつくり、科長、医長を中心に、カンファレンスなどを通して、診療方針の検討や共有化を図り治療にあたっております。必要に応じ、他の診療科と連携し、疾患動物にとって最適な検査・診断・治療を提供できるようチーム医療体制を整えております。

■当センターの研修制度について

当センターは、卒後臨床研修制度を導入しております。獣医師免許取得者を対象にし、実践的専門能力を身につけるための研修プログラムです。研修医が担当となり診察をすることがありますが、必要な一般診療技術は十分もっている獣医師です。また、経験豊富な獣医師が指導医として常時ついております。当センターの研修制度に対するご理解をいただきますようお願いいたします。

高度医療

当院では、患者動物に対して、高度医療(二次診療)サービスを提供いたします。具体的には、かかりつけ病院(一次診療)で対処が困難な重度患者に対して、CT、MRI、放射線治療器、PET-CTといった高度医療機器を用い、専門疾患に関する研究・臨床を行ってきた専門領域を志す獣医師が中心となって、検査・治療を行います。

人材育成

高度な医療サービスを提供するには、質の高い獣医師・動物看護士の存在が必須です。当センターでは、高度医療の専門獣医師育成教育を行っております。 一方で、専門性だけではなく、人間性(ホスピタリティー:思いやりの心)の育成にも力を入れております。
日本動物高度医療センターは、民間で初めての農林水産大臣指定小動物臨床研修診療施設です。

臨床研究

当院では、疾患動物に対する高度先進医療の提供を目指し、診断・治療方法の研究開発を行います。具体的には、ヒトで用いられている先進の医薬品、医療機器の導入をはじめ、遺伝子検査、免疫治療、再生医療などの研究課題に取り組んでまいります。

  • 免疫治療
  • 特殊検査
  • 再生医療

かかりつけ動物病院からの完全予約制と連携動物病院について

当センターはかかりつけ病院のご紹介による完全予約制をとっています。かかりつけ病院とは連携しながら治療を進めていき、治療後はフォローを行っていただいています。なお、二次診療施設ですので、ワクチン接種や予防などの一次診療は一切行っておりません。
情報を交換している連携病院からは、当センターへのご案内や予約がスムーズに行えます。連携病院数は、全国で約3,005病院(2015年1月現在)です。検索は右下のリンクをご参照ください。 また、当センターは連携していない動物病院からの紹介も受け入れております。予約方法は当センター受付(044-850-1280)へお問い合わせください。

連携病院検索はこちら

このページのトップへ